高収入も可能な建築士資格|キャリアアップを期待できるエグゼクティブ求人で職探し

キャリアアップを期待できるエグゼクティブ求人で職探し

高収入も可能な建築士資格

設計図

業界で人気の資格

一級建築士を取得するにはは、必ず大学などの土木科や建築学科を卒業しなければいけないわけではありません。学歴がなくても、専門学科卒よりも実務経験を長く積めば誰でも試験を受ける資格を得ることが出来ます。家庭の事情で大学へ進学することを諦めたり、建築業界へ就職した後に建築士を目指すことが可能なため、人気の資格となっています。建築士と言っても、中身は木造建築士、二級建築士、一級建築士と種類が分かれており、扱える仕事内容には相違があります。一級建築士は、建築士における仕事をすべて担うことが出来、収入面アップにつながることがあります。大手企業に勤務する場合は特にこの傾向があり、1000人以上の大手建設会社に勤務する一級建築士は中小規模の会社と比べて200万以上年収が多くなる場合もあります。企業が求人をする場合も、キャリアを積ませることなくすぐに実践で使える人材は重宝されるのです。

どのように資格を生かすか

建築士を求人している企業は数多くありますが、就職活動する際には、実際にはどの程度の建築資格を必要としているのか知っておく必要があります。一級建築士と言うのは、最も最短でも大学の建築学科卒業後、2年の実務経験が必要です。つまり新卒の場合は二級建築士や木造建築士の資格しか持っていません。そこから2年以上かけて実務経験を積ませ、1級建築士取得に向けたサポートをしていくことが前提の企業であればいいのですが、即戦力として1級建築士の求人を出している場合は、他ですでに活躍している人を求めているわけです。建築の世界は、実力がモノをいう世界です。一級建築士を持っていても、時代のニーズに乗れていない人は資格を発揮することが難しいとも言えます。もし一級建築士の資格を取れた後にスキルアップを目指すのなら、デザインで勝負して報酬を自由に決められる個人事務所、資格を生かして安定した収入が得られる大手建設会社の求人と双方の魅力を考えるといいでしょう。

Copyright © 2017 キャリアアップを期待できるエグゼクティブ求人で職探し All Rights Reserved.