転職時の経歴書の書き方|キャリアアップを期待できるエグゼクティブ求人で職探し

キャリアアップを期待できるエグゼクティブ求人で職探し

転職時の経歴書の書き方

書類とネクタイ

定型の文書に書いて提出

転職する時に必ず提出するのが職務経歴書です。職務経歴書の書式は基本的に自由ですが、安全で確実なのはフォーマットに沿って記入するやり方です。文具店には定型の職務経歴書があるので、それに必要事項を記入して提出します。ネット上からもフォーマットをダウンロードできます。なぜ多くの人が定型のフォーマットを使うかというと、採用する企業側の担当者にとって馴染みがあるからです。自分を強く売り込みたい場合に、編年体でキャリアを文章化する人がいます。売り込み効果はありますが、逆に企業の担当者にとっては読みづらかったり、採用基準から外れる可能性もあります。転職する時に大事なのは常識が備わっていることです。あまり変わった職務経歴書を提出するより、定型の書式を使って自分の経歴をしっかり知ってもらうことが大切です。

前職でのスキルを記入する

職務経歴書のポイントは、自分が働いてきた職場でどのような技術やノウハウを身につけてきたかをアピールすることです。転職によるステップアップを伝えることが大事です。ただ単に転職した会社名を羅列するだけでは、自分という価値を相手に伝えることができないのです。例えば社長賞をもらったことがあれば、それをちゃんと書き込みます。どんな小さな賞でも書き込むことが大事です。その会社で努力した証になりますし、小さくても成果を上げた実績になるからです。また前職で身についたスキルなども書き記します。公的な資格ではなくても、経理の時にソロバンで計算することができるといったことも評価の対象になります。もし職務経歴書のスペースが余る時には、転職を決意した思いや、御社を選んだ理由などを書いておいた方が印象は良くなります。

Copyright © 2017 キャリアアップを期待できるエグゼクティブ求人で職探し All Rights Reserved.